ウェルポイント工法|地下水位を低下させる技術


地下埋設管の敷設工事や浄化槽の埋設工事、又近年では建築基礎工事を施工する上で、地下水位が高くその施工に及ぼす影響が懸念される場合、補助工法として地下水位低下工法(以下ウェルポイント工法と言う)が採用されます。
ウェルポイント工法の特徴は、施工期間中一時的に施工に影響する範囲のみの地下水位を下げることにより、本施工を可能にし、経済的にも低コストで薬剤を用いず、地球環境にもやさしい工法です。

工事のご依頼は下記のフォームからお申し込みください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

題名

メッセージ本文

[`evernote` not found]
LINEで送る